税理士の不安・危機感

志や想いをもって税理士事務所を開いた税理士は幸せです。

そしてそれは、そこで働く事務所の所員に伝わります。

 

「なぜ、税理士になろうと思ったのか」

「なぜ、独立して事務所を構えようと思ったのか」

 

生活の安定のため、

肩書がかっこいいから、

親戚や同級生に自慢できるから、

親が税理士だったから、、、

 

税理士を目指す動機は、それぞれです。いざ税理士になって、

企業の社長方を相手に仕事をし、経営を考えていくなかで、

「税理士になって何をしたいのか」、徐々に明確になっていきます。

 

税理士の資格をとっても独立しない人もいるなか、

事務所を構えている人たちは、自分の意志でそうしたくて独立しています。

税理士になるのと税理士事務所を構えるのとでは、

天と地ほどの差があるのです。

 

危機感をもって経営に臨む、

問題意識をもって仕事にあたる、

よく聞く話です。

 

○顧問料を下げられないか、解約されないか

○倒産や廃業で顧問先が減ってしまう

○顧問先が他の事務所へ移ってしまわないか

 

○所員が独立したらどうしよう。顧問先を持っていかれたらどうしよう

○事務所内がギスギスしている。コミュニケーションがとれていない

○所員の質、仕事の質がいつまでたっても上がらない

○所員の教育をどうしたらいいのか

 

そして、

毎月顧問料をもらっているので、

なにか喜ぶサービスを提供してあげないと、、、

 

そこで「月次のシステム」を導入します。

「帳表」に頼ります。

 

どう解説すればいいのか、「テクニック」に走ります。

 

そして壁に突き当たってしまします。

 

(ITS宇野寛)