「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

書店には、ビジネスマンや経営者向けに

「初めての人にもよくわかる決算書の読み方」のような本が

たくさん並んでいます。

 

では「決算書がわかる」あるいは「読める」とは、

どのような状態のことをいうのでしょうか。

 

銀行マン、投資家、経理部長、税理士、経営者、幹部社員、

それぞれの立場によって違います。

私、宇野寛が考える、「おそらくこのようなことであろう」

という状態を列挙してみたいと思います。

 

決算書が読めるとは

1.決算書の仕組みと構造がわかる

2.繰延資産、固定負債、売上原価、経常利益など、

  決算書に載っている会計用語がわかる

3.B/S(貸借対照表)とP/L(損益計算書)が

  どのようにして作成されるか、の過程がわかる

4.勘定科目名を見てその科目が

  B/S(貸借対照表)に属するものなのか

  P/L(損益計算書)に属するものなのかを即座に答えることができる

5.売上原価を求める公式がわかる

  売上原価率の求め方がわかる


6.かりに、脱税や粉飾決算を行う場合に、

  辻褄が合うように決算書の金額を操作することができる

7.使い込みや横領があったときにその途中経路を

  遡って追及することができる

8.「会計の処理の仕方で利益は変わる」ということが理解できる

  会社に有利になるような棚卸の評価方法を知っている

9.月次試算表に表示されている現金や売掛金の残高が 

  実際の残高と異なるときに、原因を究明できる


10.当期がなぜ赤字になったのか、状況をつかむことができる

11.流動比率や総資本経常利益率、売上債権回転期間などを

   決算書から求めることができる 

12.各種比率を使って企業を分析することができる

 

 

(1)から(5)までは会計の知識に関する内容です。

会計実務を行っている人たちにとっては、ごく当たりまえの知識です。

決算書の読み方というよりは作り方の部分です。

 

(6)から(9)までは決算書という報告書から

「企業の中身をより深く追求する」ための項目です。

税務調査官や会計事務所の監査担当者に要求されるスキルです。

 

(10)から(12)については決算書の分析に関する内容です。

 

こうやって書き出してみると「決算書がわかる(読める)」とは、

 

決算書を作成できる能力

決算書の異常値を追求できる能力

決算書を分析できる能力

 

これらが混在していることがわかります。

決算書が読める、つまりある程度の分析力まで身に付けようとすれば

決算書の仕組みや会計の基本的な知識がどうしても必要になります。

 

では決算書がわかるようになると

「なにかいいこと」があるのでしょうか。

 

 

続く

 

(ITS宇野寛)