企画力・提案力・創造力

今回のテーマは、【企画力】【提案力】【創造力】についてです。
分類(A)は企画力、提案力、創造力といったアイデアを必要とする職業です。
反対に分類(B)はこれらとはあまり関係がない職業です。
 
ある人が、画家は(A)、お坊さんは(B)というように分類しました。
また別の人は

作曲家は(A)、弁護士は(B)に分類しました。

 

さらに別の人は

映画監督は(A)、タクシードライバーは(B)に分類しました。

 

もちろん、この分類の仕方に正解はありません。

では今度はあなたの番です。感覚で答えてみてください。

 

○服飾デザイナーは (A)それとも(B)

○建築士は

○俳優

○看護師

○カメラマン

○コンピュータープログラマー

○小説家

○調理師

○医師

○電車の運転手

○ミュージシャン

 

この辺で気がつきます。

こんな分類、何の役に立つんだ!

 

でももう少し続けてみてください。

分類(A)は企画力、提案力、創造力といった

アイデアを必要とする職業です。

反対に分類(B)はこれらとはあまり関係がない職業です。

 

○県庁職員

○学校の先生

○自動車整備士

○税務署職員

○経理マン

○銀行マン

○国税マル査

○税理士

○公認会計士

 

そして最後は、、

○中小企業経営者(社長)

 

何を言いたいのか?!

じつは、アイデアや発想、企画力などといったものは

職業や業種とは【まったく関係がない】のです。

 

アイデアが次々に湧き出てくる人、

なかなかいいアイデアが浮かばない人、

「そんなの俺にはかんけーねえ!」

と、思っている社長、経理マン、そして税理士の方たちへ、

企業経営においても同じです。

 

○経営戦略

○新製品開発

○店舗拡大

○お客様への企画・提案

 

税理士は企画力、提案力、創造力とはあまり関係がない、

分類(B)の職業であると答えた方、

 

もし、税理士であるあなたが

これらの力を身につけることができたら、、、

 

もし、経理部長であるあなたが

これらの力を身につけることができたら、、、

 

もし、銀行マンであるあなたが

これらの力を身につけることができたら、、、

 

では逆に、社長であるあなたが

企画力、提案力、創造力を身につけるトレーニングを

していなかったとしたら、、、

 

社長であるあなたが、

売上を上げるための企画、アイデアが

なかなか湧き出てこないとしたら、、、

 

アイデア、独創性、新しい企画、そして新製品を生み出すためには、

必死になって考え抜くというトレーニングが必要です。

 

アイデアを生み出す脳は、

失敗や挫折を何度も味わいながら、厳しい実体験から得られるのです。

 


 

ではここで問題です。

デコレーションが一切ない ただの丸い、

大きなバースデーケーキを連想してください。

 

ケーキの真上から、

タテとヨコに2回ナイフを入れて4等分にします。

 

では、あと1回だけ、ナイフを入れて

このケーキを8等分するには

どのように切ればいいでしょうか?

 

常識で考えれば、8等分にするためには

ナイフを4回使わなければなりません。

でもナイフはあと1回だけです。

 

「4つの方法」を考えてみてください。

 

①4等分されたケーキを水平に1回切る

 

これはほとんどの人が考えついたのではないでしょうか。

でも、あと3つ答えがあります。

考え抜いてみてくださいね。

 

(ITS宇野寛) 

 


 

本来、会計データには経営情報が詰まっています。

なぜそうなったのか、これからどうすべきなのか、

という情報を経営に活用しない手はありません。

経営情報のなかでは最も価値のある情報であり

警戒警報の役目も果たします。

 

2016年9月14日(水)

東京・利益が見える戦略MQ会計セミナー

【社長のための会計情報活用法】

⇒ セミナーの詳細はこちらから