結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

先日、セミナーで

一番重要視している指標を一つ挙げるとしたら何ですか?

と質問したところ、

「経常利益率です」と答えた経理部長がいました。

 

どうしてですか?と尋ねると、次のような話をしてくれました。

 

◎うちの会社の社長が、経常利益率を何としても10%以上に!

 という方針を打ち出したので、

 経理としては、経常利益率が高くなるようにと、

 経理処理で工夫をしている

 

◎役員保険料など調整が可能な費用は、経常利益の下の項目

 「特別損失」で処理するように心がけている

 

なぜそうなったか?という問いに、

 

私(経理部長)も今の経理処理に疑問を感じているが、

社長がある勉強会に参加し、経常利益率10%を達成しない経営は、

経営とは言えない、というようなことを聞いてきたことがきっかけらしい。

 

では、ということで、「経常利益率10%」を意識しているかどうか、

セミナー参加者に尋ねたところ、数名いることがわかりました。

そのなかには税理士やコンサルタントの方もいました。

 

「経常利益率10%と言うけれど、

 うちはもともと粗利益率が低いので、無理だと思います」

 

という発言もありました。

 

 

では、経常利益率は、

社長方にとって本当に重要な経営指標なのでしょうか?

 

次の問題を考えてみてください。

 

 【問題】

 次の3つのなかで、一番良い会社はどれですか?

 その理由も併せて考えてみてください。

 

 (A社)

 売上高 150億円

 限界利益率 40%

 経常利益率 6%

 労働分配率 50%

 

 (B社)

 売上高 120億円

 限界利益率 100%

 経常利益率 10%

 労働分配率 40%

 

 (C社)

 売上高 100億円

 限界利益率 20%

 経常利益率 5%

 労働分配率 60%

  

 

会計は、500年以上も続く「伝統芸能」の世界です。

聖域と化しています。

 

◎流動比率はなぜ200%以上が望ましいのか?

◎変動費はなぜ売上高に比例するのか?

 

そして

 

◎なぜ、経常利益率は10%なのか!

 

MQ会計は数学です。

今の会計を、MQ会計(数学)に当てはめてみると矛盾が見えてきます。

 

なぜ、経常利益率10%なのか!

 

その矛盾に迫ります。

 ⇒ 続きはこちら

 

(ITS宇野寛)