「税理士は税務の専門家・法律家」という話

いまだによく聞く税理士の話です。

◎記帳代行業・帳面屋

 毎月あるいは1年分の領収書や請求書が山ほど詰まった段ボール箱から

 会計ソフトにひたすら入力し、決算書を作り税金の申告をする税理士が

 いまだに多いという話。

  

◎税金の示談屋

 税務調査があれば立ち会い、何か出れば少しでも納税額を下げる交渉を

 する税理士がいまだにいるという話。

 

◎税務署の言いなり

 税務署の言うとおりに修正申告に応じ、

 立ち会い報酬とともに修正申告の報酬も請求してくるという話。

 

◎コンサル気取り

 税務の指導はさておき、やれ決算分析だMAS業務だと

 的外れな経営指導にうつつを抜かしている税理士の話。

 

このような税理士は税理士ではないと思うのです。

 

「税理士はサービス業」などど言うまえに、

税理士は税務の専門家・法律家であってほしいのです。

けっして計算代行屋でも記帳業者でもないはずです。

 

               ・

 

これまで訪問してきた企業のなかには、税理士に期待していない社長方も

多くいました。

 

ある若手経営者は、「税理士を替えたくても親が生きている間はムリ」

長い付き合いなのにどうしてわざわざ替えるのかという理由です。

 

これまで何回か税理士を替えてきたという社長は、

あきらめムードでこう言いました。

「宇野さん、どこの税理士も一緒ですよ」

 

 

税理士としての心構え、志、理念、信念といったものはないのでしょうか。

そしてこのような税理士事務所から独立した税理士は、

また同じようなことを始めるのです。

 

税理士は、「税務の専門家・法律家」のはずです。

 

税務監査をきちんと行い、

関与先へ税務や会計の記帳指導を徹底し、

税務調査があっても何も出ない!

そのために所員の教育を徹底して行う。

 

これらを怠っている税理士が、私の周りにも存在することは

とても嘆かわしいことです。

 

税理士の本業は「税務」です。

税務をきちんとできない税理士が的外れな決算分析、

経営指導、MAS業務、、、

 

社長方にとって迷惑な話です。

 

このような事務所に未来はあるのでしょうか。

事務所の所員はワクワクして仕事ができるのでしょうか。

働き甲斐があるのでしょうか。

 

 

このような現状に対して「前向きな不満」をもつ税理士が集まって

社長のための会計事務所を立ち上げました。

 

税理士になろうと思ったきっかけが、

安定収入や肩書き、親孝行(親を安心させる)、

親戚や友人への自慢、、、

 

最初はなんでもいいのです。

 

しかし、税理士として企業に、社長方に貢献していくためには

高い志が必要です。

 

地位や名誉や安定収入を得たいという気持ちが先行すれば、

最後までそれが続いてしまいます。

意識が低い税理士事務所のままなのです。

 

 

そんなことではなく、

「社長方のために何とかしたい!」という純粋な気持ちをもった、

けっして目先の損得にとらわれない税理士だけで

「社長のための会計事務所」をやろうと思います。

 

 

理念、志がない事務所からは意識の低い税理士しか誕生しません。

 

この状況をほうっておけない!

 

何とかしたい!

 

よし、俺がやろう!

 

という税理士の方たち、待っています!

 

3月16日以降、仲間たちで本格的な勉強会をスタートします。

 

               ・

 

先週、東京で「保険マンのための勉強会」を開催しました。

この動きが、保険マンたちの間にも広がるかもしれません。

志をもった保険マンの方も待っています!

  

 

 (ITS宇野寛) 

 


 

▼東京・2017年3月23日(木)

 MQ会計基礎+会計情報活用法

  ⇒ https://goo.gl/J5n5EA

 

▼東京・2017年3月24日(金)

 利益が見える戦略MQ会計【活用編】

  ⇒ https://goo.gl/YvnZrC

 

▽東京・2017年3月25日(土)

 利益が見える戦略MQ会計【実践編】

  ⇒ https://goo.gl/Zg5bm5

 
▼山形県酒田市で初めて開催します。
 2017年2月11日(土)
 利益が見える戦略MQ会計【入門・基本編】
 
▼山形市・2017年2月17日(金)
 利益が見える戦略MQ会計【入門・基本編】