社長のための会計事務所

記帳代行とは、本来企業が行うべき会計処理を、

税理士が代わってやってあげる行為です。

 

記帳代行は、2つのケースに分かれます。

 

 

(ケース1)

領収書や請求書などの証ひょう書類は企業が整理し、

現金出納帳や必要な会計資料、伝票類を作成します。

会計ソフトへの入力は、税理士側が行います。

 

(ケース2)

領収書や請求書などの証ひょう書類は、税理士事務所が整理し、

必要な資料や伝票を作成して会計ソフトへの入力も行います。

 

 

ケース1は、税理士が行う通常の記帳代行です。

ケース2はというと、

企業規模が小さく、生活や仕事に追われて記帳している暇がない。

あるいは、記帳の重要性を認識していないという場合です。 

 

問題は、「ケース2」のときです。

 

             ・

 

月にあるいは数か月に一度、

会社や個人商店が、領収書や請求書を段ボール箱にドサッと詰めて

税理士事務所に持ってきたとします。

 

箱の中には領収書が何枚入っているのか、

持参する側も受け取る側も数えていません。

途中で紛失しても他の書類に紛れ込んでも、わかりません。

 

 

 

ある日、税務署が来ます。

調査官から次々と指摘されます。

 

税理士は、どう対応するのでしょうか。

税理士の責任範囲は、どうなるのでしょうか。

 

依頼する側は、

 

「税理士に頼んでいるのだから、」

 

という安心感があります。

 

「プロが作った決算書だし、

 きちんと処理されているはずだから問題はない」

 

と思っています。

 

「それなのに、なぜ、こんなに指摘されるの?」

 なぜ、修正しなければならないの!」

 

 

どうしてこのような話が後を絶たないのか、考えてみました。

 

多くの場合、税理士が行うべき「適正な納税申告」について

納税者に何の説明も指導もないまま、処理がなされているのではないか。

 

そして、ケース2のような記帳代行を、

安易に引き受けているからではないのか。

 

             ・

 

税理士は、納税申告という「法律行為」を行っています。

税務調査の結果に対して、責任を持たなければなりません。

 

納税に対する納税者の意識が変わるきっかけの多くが、税務調査です。

 

だったら、税務調査があってもなくても、

日ごろから「適正な納税申告」を実現することは、

税理士にとって基本の基本、あたりまえ、

絶対にそうでなければならないはずです。

 

 

 

税理士が企業に対してやらなければならないこと、それは「税務」です。

 

税理士法の第1条にあるように、

税務の専門家として、

 

「独立した公正な立場で納税者の信頼にこたえ、

 租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図る」

 

ことが使命です。

 

社長方が税理士に望んでいること、

 

それは経営のことかもしれませんし、

後継者問題かもしれません。

 

資金繰りの改善や資金の調達、

業績を向上させるための相談かもしれません。

 

しかし、それらは税理士の本来の仕事ではありません。

税務をとおして社長(納税者)たちの信頼に応えるのが税理士の仕事です。

 

「税務を完璧にこなしてこそ、

 適正な納税申告を行ってこそ、社長方の信頼を得られる」

 

ということを忘れてはならないと思います。

 

 

同時にやらなければならないことがあります。

それは、「経営に使える会計情報の提供と活用」です。

 

税理士が普段から行っているのは「税務会計」です。

「税務申告のための会計」です。

 

しかし、「税務のために行う会計処理」は、

経営に使ううえで多くの矛盾を含んでいます。

 

その矛盾をなくし、

社長自身が経営に活用できるようにしよう、という提案が、

「社長のための会計事務所」の重要な柱(使命)の一つです。 

 

 

 (ITS宇野寛) 

 


 

▽京都・2017年4月23日(日)

 「第1回・社長のための税理士塾」

 

 「社長のための会計事務所」では、

 

 1. 税務(適正な納税申告)

 2. 会計(経営に使える会計情報の作成と活用)

 

 この2つを柱にします。(「税務会計」とは違います)

 

 それぞれの税理士事務所が、この柱を意識し共有することで、

 これまであたりまえのように行ってきた業務が、

 あたりまえではなくなります。

 

 税理士は、毎月企業を訪問して何をしているのか

 税理士は、なぜ会計ソフトを替えさせようとするのか

 税理士事務所の職員を、どう教育していくのか

 関与先の事務改善も含め、どう指導していくのか

 会計情報を経営に活用するとは、具体的にどのようなことなのか

 税理士は、税務をとおして社長方にどう接していけばいいのか

 

 そして、

 

 「税務のための会計」と「経営のための会計」、

 ここに生じる矛盾に、どう対応していくのか。

 

 「社長のための会計事務所」では、

 これらの課題に対し真剣に取り組んでいきます。

 社長方に積極的に提案していきたいと思います。

 

 

 先週のメルマガで「社長のための税理士塾」のご案内をしたところ、

 多数のお申し込みをいただきました。

 

 定員に達しましたので、受付を締め切ります。

  


 

▽東京・2017年3月25日(土)

 利益が見える戦略MQ会計【実践編】

 

 時間をかけて会議資料を作っていませんか?

 分厚い会議資料を「紙」で配っていませんか?

 

 エクセルは、どこの会社でも使っています。

 シートごとに表を作り、決算期ごとにフォルダーに分け、

 計算式を使って計算しています。

 

 「ちょっと待ってください!」

 

 反省しかできない集計表と行動を起こしたくなる帳表には

 明確な違いがあります

 

 データはシートやフォルダーで分けた瞬間に

 使えなくなります

 

 項目行とデータ行の分け方で、

 経営に活用できるかどうかが決まります

 

 MQ会計をエクセルを使って実践したい方、

 建設業のような物件ごと受注生産の業種にもおススメです。

  

 利益が見える戦略MQ会計【実践編】

  ⇒ https://goo.gl/Zg5bm5

 


 

▼MG(MQ戦略ゲーム)2日間コース

 

 「考える」研修です。

 「自分で気付く」研修です。

 「発見する」研修です。

 「やってみなければわからない」研修です。

 

 3回は、続けてみてください。

 景色が少しずつ変わって見えてくるのに気付くはずです。

 

 

 【東京】2017年04月14日(金)/ 15日(土)

   ⇒ https://goo.gl/7UrMwZ

 

 【京都】2017年04月21日(金)/ 22日(土)

   ⇒ https://goo.gl/ceyBp4

 

 【佐賀・伊万里】2017年05月27日(土)/ 28日(日)

   ⇒ https://goo.gl/Tg2iCw

 

 【鹿児島】2017年06月10日(土)/ 11日(日)

   ⇒ https://goo.gl/mHso3M