続)生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

生産性は、何も工場だけの話ではありません。

事務処理についても同じです。

ところが、経理を含めた事務作業は、

製造業のように作業の工程や成果が見えにくいため、

なかなか改善が進みません。

 

普段から経理や事務部門では「生産性」という言葉は使いません。

経理や事務側から見れば「生産性とは工場の話」、

自分たちとは無縁の世界だと思っているのです。

 

税理士事務所の多くも、事務所自体が製造業であるという認識が薄いため

無駄な処理、重複した処理、工程管理、品質チェックや品質管理など

意識していないのが現状です。

 

 ☆あるとき、全体会議で社長が言いました。 

  「来年の目標、生産性を2割アップさせる!」

  どうすれば生産性があがるのか、現場は考えます。

 

 ☆生産性をあげるとは、、、

  「具体的に何をどうすること」だと思いますか?

  ご自身の仕事に照らして考えてみてください。

 

ある企業の社内MG研修で行った講義、「MQと生産性」の一部です。

 

                 ・

 

「自分たちの部署で、生産性をあげるにはどうすればいいと思いますか?」

 

いろんな答えが出てきます。

・生産性とはコストをさげること

・生産量を増やすこと

・時間を短縮すること

・同じ人数で生産量を増やすこと

・効率をあげること

・利益を増やすこと

 

 ところが、一人だけこう聞いてきた社員がいました。

 「宇野さん、生産性って何ですか?」

 

社長は朝礼や会議で、事あるごとに会社の未来について話します。

・来期の目標は経常利益率10%を達成する

・来年の売上目標は今年の1.2倍!

・製造コストを3%カット

・来年の営業利益は5千万円

・営業は粗利益率2%アップが目標

 

経営には数字はつきものです。

しかし、社長が使う「ことば」や社長が思っている「内容」は、

社員に正確に伝わっているのでしょうか。

 

そこで重要になってくるのが「ことばの定義」です。

 

・来期の目標は経常利益率10%を達成する

 ⇒ そもそも経常利益って何のこと?

   10%を達成すれば何か良いことがあるの?

 

・来年の売上目標は今年の1.2倍!

 ⇒ 売上を増やすのは営業の仕事、われわれ総務や事務には関係ない

 

・製造コストを3%カット

 ⇒ 製造コストって材料費のこと? それとも外注費を減らせってこと?

 

・来年の営業利益は5千万円

 ⇒ そもそも営業利益の意味がわからない

 

・営業は粗利益率2%アップが目標

 ⇒ 粗利益率を上げるには粗利益率の良い商品を多く売ればいい?

 

営業の人たちが使う「原価率や粗利率」、

この意味をきちんと理解しているのでしょうか。

 

「原価率をさげる」と、ほんとうに会社の業績が良くなるのでしょうか?

「粗利率をあげる」目的は、何のためなのでしょうか?

 

粗利率も原価率も算数で習う割合、比率のことです。

比率や割合を理解しないで、掛け声のように使っても、

行動には結びつきません。

 

 

私が講義のなかで重視しているのが「ことばの定義」です。

「生産性」ということばも同じです。

 

先ほどの社内MG研修の話に戻ります。

この会社がMG研修を始めてから3年経ちます。

参加者のスキルが向上しているのが、はっきりとわかります。

 

「自分たちの部署で、生産性をあげるにはどうすればいいと思いますか?」

 

いろんな答えが出るなかで、

 

「宇野さん、生産性って何ですか?」

 

と質問をしてきたMさん、

彼は講義後の休憩中に、私にこう言いました。

 

「僕はあるときから知ったかぶりをするのをやめました」

 

そうするとまわりの人たちが教えてくれる。

「わからないものはわからない」と堂々と言えるようになるんです。

ちょっと知ってるくらいで「わかったふり」をしないように心掛けています。

 

じつは私も彼と同じように、

あるときから「わかったふり」をやめました。

そうすると見えてくるものが変わってきます。

 

 「なぜ、どうして?」

 

疑問が芽生えます。

 

なぜ、この作業を行っているの?

この書類は誰が見るの?

作る目的は何?

せっかく時間をかけて作った会議の資料、ほんとに活用されているの?

この月次資料、誰も見ていないなら作る必要ないよね

 

「なぜ、どうして?!」

 

私がMQやマトリックス会計の研究を続けていられる原動力です。

そして創造力やアイデア、思考力の訓練にもなっています。

 

 

「生産性」の話に戻ります。

ネットで検索するとウィキペディアにはこう書かれていました。

 

 『生産性(せいさんせい、Productivity)とは、

  経済学で生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、

  あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。』

 

 この説明を読んで、

 

 「おお、なるほど!」

 

 「難しい言葉が並んでいるだけで何のことかよくわからない」

 

 さて、あなたはどちらですか?

 

 (次回に続く)