続)そもそも生産性とは何か?

生産性とは何か?

ネットで検索するとウィキペディアにはこう書かれています。

 

『生産性(せいさんせい、Productivity)とは、

 経済学で生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、

 あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。』

 

この説明を読んで、

「おお、なるほど!」と思うのか、

あるいは、「難しい言葉が並んでいるだけで何のことかよくわからない」

 

さて、あなたはどちらですか?

 

               ・

 

「生産性って、経済学なの?」

 

私は、この説明をいきなり読まされ、あるいは解説されても

なんのことなのか、わかりません。

 

日本語なのである程度は理解できるのですが、

「ふーん、それで」という印象です。

 

私がこのなかで一番理解できない「ことば」は、「付加価値」です。

 

以前、この「付加価値」について調べたことがありますが、

付加価値を算出する方法が6つもあり、

どれが正しいのか、算出の目的は何なのか?

この先の経営を考えたときに、どれもしっくりこないのです。

 

 

もう少しわかりやすものはないか、探してみました。

 

 『Input(インプット)に対しての

  Output(アウトプット)の比率』

 

これならイメージがわいてきます。

 

「Input」、

会社でいえば“労働力”や材料、設備、資金などの“投入物”と書いてあります。

 

なるほど、

 

パチンコに置き換えるとInputは、

パチンコをやっている間の労働力、資金

Outputは、景品(成果物)です。

 

「Input=労働力」に絞って考えてみることにします。

労働に関する生産性の指標は3つあるようです。

 

1.物的労働生産性 ・・・ Output は生産量

2.価値労働生産性 ・・・ Output は生産額

3.付加価値労働生産性 ・・・ Output は付加価値

 

やはり、付加価値はピンときません。

 

 

生産性と生産効率との違いを調べているうちに

「作業効率」や「能率」という単語が出てきます。

 

じゃあ、能率と効率はどこが違うの?

 

全然違うのです。

 

最初に「能率」と「効率」の違いです。

どちらも「仕事の割合」と書いてあります。

 

◎能率は、一定時間内にできあがる仕事の割合、はかどり方のこと。

 時間に対してできる量・達成度が比較される。

 一定時間内にできる出来高が多ければ「能率が良い」、

 低ければ「能率が悪い」となる。

 

◎それに対し効率は、使った資源や労働、賃金に対して得られる

 成果割合のこと。

 ・機械効率

 ・エネルギー効率

 ・燃費

 ・コストパフォーマンス(費用対効果)

 ・報酬に対する成果

 

などです。

 

 

生産性と生産効率の話に戻ります。

 

【生産効率】は、投入する資源や労働力をムダなく、

効率よく配分すること。(作業効率に近い)

 

それに対し【生産性】とは、投入した資源や労働力などから

価値を生み出す際の効率の程度のことです。

 

【生産効率】と【生産性】の大きな違い、

 

それは「価値を生み出すかどうか」です。

 

仕事を「単なる作業」ととらえてしまうと、

効率は「作業効率」になってしまいます。

 

仕事は価値を生み出すもの、創造性・クリエイティブそのもの。

個人が生産性を身につけるには、

「価値を生み出す仕事をしているか」を常に意識することです。

 

             ・

 

社長は経営をする人、意思決定をする人です。

そして、未来を考える人です。

 

「未来を考える」とは、

会社の理念や方針にもとづいて、

この先どうしていくのか、という答えを

「社長自身が創り出していく」こと。

 

社長の仕事とは、

まさに創造的でクリエイティブそのものです。

 


< 前の記事へ   次の記事へ >