社長が決算書の必要性を感じたとき

■前回の続き、

 

 どういう人が決算書や会計の本を買うのか、

 対象者を3つに絞ってみた。

 

 1.会計を学んで仕事に使う人たち

   会計人や会計人を目指す人たち

   そして簿記会計の技術と知識を身につけようとする経理マンなど

   会計全般の仕組みと決算書を含む会計帳表の作り方、

   分析方法などが書かれた専門書 

   フツーの人は買わない

 

 2.会計が専門職ではないが仕事をするうえで必要な人たち

   銀行マンや大企業の経営に携わる会社員など

   専門的ではないが、会計の知識がないと仕事に支障をきたす

 

 3.そして、中小小規模企業の社長あるいはその息子

   いずれは通るかもしれない「決算書」について書かれた本で

   わかりやすい物語風の読み物や漫画がある 

   いわゆる「ノウハウ本、ハウツー本」を含む

 

 今回のブログの内容は、”3”の人たちに向けたものです。

 


■決算書や会計の本は、

 

 これまでさまざまのものが出版され続け、

 いまも新しい本が次々と書店に並ぶ。

 

 ○世界一やさしい!会計の本

 ○決算書、超入門

 ○はじめての人の決算書

 

 そして、

 

 「サルでもわかる決算書」の類まで、

 ネットで探すと山ほど出てくる。

 

 「会計とは何か?」がまったくわからない人達への内容や、

 いつか会計を学ぶかもしれない予備知識として、

 とりあえずさらっと理解したい、

 というような人には向いているかもしれない。

 

 

■では、

 これが中小小規模企の社長にとってはどうだろうか?

 

 決算書の話にいくまえに、

 

 ○どういうきっかけで

 ○どのような状況下で

 ○どのタイミングで

 ○どういう思いで

 

 社長たちは決算書の本に興味を示すのだろうか?

 

 いろいろな理由があるだろうが、

 「何か、強いきっかけがあった人」と、

 「何気なく読んでみようと思う人」では、

 学ぼうとする意気込みや気合いが違うはず。

 

 ということで、今回のメルマガのタイトルは

 『社長が決算書の必要性を感じたとき』

 

 

■何をもって「必要性」を感じるのか、

 これも人によって異なる。

 

 これまでの私の経験でもっとも多かったのが、

 

 ○税理士の言っていることがよくわからない

 ○理解できない

 ○税理士と経営の会話が噛み合わない

 ○質問したいが、何を聞いたらいいのかわからない

 ○わからないところがわからない

 

 しかし、これだけの理由で、

 社長たちは決算書や会計を真剣に学ぼうとするだろうか?

 

 もっとほかに、動機があるはずだ、と思い、

 このような質問をした社長方に直接聞いてみた。

 

 そうすると、その陰にある、

 おもしろい話が、つまり、本音が聞ける。

 

 ○税理士には経営の話は期待していない

 ○税務が本業である税理士に経営の相談は無理

 

 そして、

 

 まったく逆の答えが返ってくるときもある。

 

 ○税理士は、全然相談に乗ってくれない

 

 極めつけは、

 

 ○税理士が会社に来ない

 ○ここ数年、顔を見たことがない

 ○担当者任せで頼りにならない

 

 なるほど、

 社長が税理士に求めることは、

 これも人それぞれなのだ。

 

 

■そうすると、

 真剣に決算書や会計について学ぼうとしている社長に、

 私自身、どのような協力ができるのだろうか?

 

 私が簿記会計を学びはじめた動機は、

 

 「必要に迫られて」

 

 でした。

 

 「簿記会計ができないと仕事ができない」

 

 という状況においては、

 

 「やるしかない」。

 

 私自身簿記会計を学び、

 それを使って社長方と接するにはどうするのか。

 

 おそらく、

 決算書に疑問を感じ、

 いまの状況を何とかしたい、

 どう、社長方に説明すればいいのか、

 と思っている税理士や税理士事務所の職員と

 まったく同じ気持ちだったと、思う。今考えれば、、、

 

 

■ここからは、

 真剣に会計を学びたいと思っている社長方へ

 

 ○そもそも決算書とは何か?

 ○作る目的

  なぜ、決算書を作らなければならないのか

 ○決算書の構造と、決算書の製造工程

  決算書の仕組み

  決算書がどのようにしてできあがるのか

 ○この先も社長をやっていくにあたって

  最低限知っておかなければならない会計に関すること

 

 これらについて、

 私がこれまで経験してきたこと、

 無駄だと思うこと、

 ぜひ、知っておいてほしいこと、

 

 などを書いていきたいと思います。

 

 ○なぜ、会社は年に一回、決算書を作らなければならないのか?

 ○なぜ、【年一回】なのか?

 ○誰が年一回と決めたのか?

 ○利益って何なのか?

 ○売上原価とは?

 ○売上原価はどうやって求める?

 ○そもそも、会計って何なのか?

  日本ではいつの時代から会計がはじまったのか

 ○なぜ会社は、決算月になると「棚卸」をしなければならないのか

 

 

 (次回へ続く)

 

 

 もっと言うと、

 

 会計や決算書を学ぶ前に、

 社長自身、どの方向に進みたいのか、、、

 社長自身、覚悟が決まっているのか、、、

 

 社長の本音が、社員に十分に伝わっているのか、、、

 

 税理士も、社長方に本音で向き合うときが来ているようです。

 


このほかのブログ

この先、あらたな創造を生み出す

利益率をたった2%アップすると・・・

売上が増えた?!減った!

利益が出ているのにカネがない!

そもそも論・決算書の構造について考える

月次決算とMQ会計

「会計ソフトの役割」について考える

「カネ勘定」について考える

社長たちにとっての資金繰り

続)そもそも生産性とは何か?

続)生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

生産性があがらない

MQ会計の全体像マップ

何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

貸借対照表ってナンだ!?

税理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

税理士の責任、あなたはどう考えますか?

教師という職業・税理士という職業

社長と経理と月次決算

社長が信頼する税理士

社長のための会計事務所

月次決算と自計化と記帳代行

月次決算/税理士が原点に戻る日

「税理士は税務の専門家・法律家」という話

税理士たちのパラダイム

パラダイムとパラダイムシフト

社長のための会計とは!

バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

税理士事務所は町工場

結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

本質とテクニック

税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

企画力・提案力・創造力

月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

税務署仕様の決算書

「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

”未来会計図”という図表

会計事務所の売上アップ

テキトー税理士が会社を潰す

税理士の不安・危機感

税理士は選ばれる時代