会計独特の構造の不思議

■決算書(会計)へのさまざまな疑問

 

 そもそも決算書とは何か?

 作る目的

 決算書の構造と、決算書の製造工程

  決算書の仕組み

  決算書がどのようにしてできあがるのか

 この先も社長をやっていくにあたって

  最低限知っておかなければならない会計に関すること

 

 そして、

 

 なぜ、会社は年に一回、決算書を作らなければならないのか?

 なぜ、【年一回】なのか?

 誰が年一回と決めたのか?

 利益って何なのか?

 売上原価とは?

 売上原価はどうやって求める?

 そもそも、会計って何なのか?

  日本ではいつの時代から会計がはじまったのか

 なぜ会社は、決算月になると「棚卸」をしなければならないのか

 


■決算書(会計)の構造

 

 決算書の構造のまえに、会計の構造そのものを知る必要がある。

 なぜなら、決算書は会計のほんの一部分にすぎないからだ。

 

 私が簿記会計を学ぼうと、夜間の簿記学校に通い始めてから半年間、

 会計の構造についての講義は一切なかった。 

 

 いま思えば当然。

 

 私が通ったのは【簿記学校】、

 【会計学校】ではなかったからだ。

 

 訓練によって、取引を仕訳に変換はできるようにはなる。

 

 その仕訳がその先、決算書にどのように反映されていくのか、

 決算書や会計の構造を知らなくても、

 簿記の手順通りに進めれば、決算書は作れる。

 

 それが「簿記」だということに気付いた。

 

 ところが、会計の構造となると話は違ってくる。

 

 

 

■会計の構造

 

 会計は、5つの区分で成り立っている。

 

 1.資産

 2.負債

 3.資本(純資産)

 4.費用

 5.収益

 

 この5つの区分(分類)は、会計独特の概念なので、

 わかるまでに時間がかかる。

 

 会計の構造を考える過程で、

 この概念をほかの事例に置き換えることは難しい。

 

 思いついたのが中学校。

 

 中学校3学年の全生徒が「資産」だとすると、

 負債と資本は何になるのだろうか?

 

 「男子生徒」と「女子生徒」ではどうだろうか?

 

 全校生徒が300人いるとすると、

 そのうち180人が男子生徒で残りの120人が女子生徒。

 

 なんとなくいけそうな気がするのだか、

 男子生徒と女子生徒は、全校生徒の内訳にすぎない。

 

 会計では、

 これが当てはまらないのだ。

 

 

 「負債」と「資本」、

 

 会計の仕事に従事している人たちから見ればフツーだが、

 私は今でもこの概念が理解できない。

 

 とくに資本(純資産)については、

 実体のない、たんなる差額にすぎないので

 この状態を、ほかに、たとえようがない、のである。

 

 

 

■次に「費用」と「収益」、

 

 これも会計独特の概念だ。

 

 会計の書籍には解説が載っているが、

 現実にたとえられるものは、なかなか存在しない。

 

 現金の場合は収入と支出で説明すると誰でもわかることが、

 費用と収益になったとたんに、実体がない状態になってしまうのだ。

 

 だから、

 

 会計で定義されている利益、

 

 つまり、

 

 収益から費用を差し引いたものも、実体がない。

 

 ところが、

 

 会計を知らない人たち、たとえば社員たちは、

 利益と現金の区別ができない。

 利益は現金そのものだと思っている人は意外と多い。

 

 先ほどの中学校の例では、

 

 新入生と卒業生、

 あるいは、転校して来た生徒と転校して行った生徒

 

 のような事例しか思いつかない。

 

 

 資産、負債、資本、費用、収益それぞれにあてはまる現実は、

 それぞれの勘定科目を見て、

 

 「そんなもんだ!」

 

 と思うしかないようだ。

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 ○決算書がわからない

 ○会計が苦手だ

 

 という社長たちには、

 

 「ある共通事項」

 

 があることがわかってきました。

 

 今回は、「決算書の構造」の話でしたが、

 どうやら、それ以前の問題のようです。

 

 (つづく)

 


このほかのブログ

社長が決算書の必要性を感じたとき

この先、あらたな創造を生み出す

利益率をたった2%アップすると・・・

売上が増えた?!減った!

利益が出ているのにカネがない!

そもそも論・決算書の構造について考える

月次決算とMQ会計

「会計ソフトの役割」について考える

「カネ勘定」について考える

社長たちにとっての資金繰り

続)そもそも生産性とは何か?

続)生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

生産性があがらない

MQ会計の全体像マップ

何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

貸借対照表ってナンだ!?

税理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

税理士の責任、あなたはどう考えますか?

教師という職業・税理士という職業

社長と経理と月次決算

社長が信頼する税理士

社長のための会計事務所

月次決算と自計化と記帳代行

月次決算/税理士が原点に戻る日

「税理士は税務の専門家・法律家」という話

税理士たちのパラダイム

パラダイムとパラダイムシフト

社長のための会計とは!

バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

税理士事務所は町工場

結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

本質とテクニック

税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

企画力・提案力・創造力

月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

税務署仕様の決算書

「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

”未来会計図”という図表

会計事務所の売上アップ

テキトー税理士が会社を潰す

税理士の不安・危機感

税理士は選ばれる時代