044.思考力と応用力

次のような質問をいただくことがある

 

MGを50期以上やっているがなかなか現場に落とし込めない 

社員をどう巻き込んでいけばいいのか悩んでいる

MQ会計をどう当てはめていけばいいのかわからない

 なかなか実行に移せない

Qを何にするか、VとFの区別がつかない

 

一方で、MQ会計とMGを活用して業績アップにつなげている企業。

 


 

MQ会計を即!実践する人とできない人

MGを30期以上やっても現場に落とし込めない人

MQ会計を顧問先に勧めたい税理士・コンサルタント

 しかしうまくいかない

 

この差はどこから来るのだろうか。

今回のテーマ「思考力と応用力」、そして「創造(想像)力」。

 

社長や上司が社員や部下に対して、

 

「もう少し考えてやれよ!」とか、

「もうちょっと工夫がほしいね」とか、

何度も同じ間違いをする社員に「何べん言ったらわかるんや!!」とか、

このような場面に遭遇するときがあると思う。

 

同じ話を聴いても実行できる人とできない人の差はどこにあるのか?

 

続きはこちらから

https://www.mxpro.jp/vol-476/

 


このほかのブログ

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代