率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

 「利益を増やすにはどうすればいいですか?」

管理会計(CVP分析)を学んできた人たちにこの質問をすると

決まって出てくるのが次の3つ。

 1.売上を上げる

 2.変動費を下げる

 3.固定費を減らす

さらに、おまけのようについてくるのが

 ・粗利率(限界利益率)を上げる

 ・原価率(変動費率)を下げる

 ・利益率の良い商品を売ればもうかる!

なぜなのだろうか?と考えてみた。


利益=売上(収益)-経費(変動費+固定費)

つまり

利益=売上-変動費-固定費 だからだろうか?

たしかにこの式を見るかぎり正しいように思える。

 

1.売上を増やす

2.変動費(あるいは変動費率)を下げる

3.固定費を減らす

この3つの根拠はすべて次の式から出てきたものだ。

売上-変動費-固定費=利益

この式に任意の数字を当てはめてみよう。

売上1000-変動費600-固定費300=利益100

 

CVP分析(管理会計)では売上と変動費の間には比例関係が成り立つようだ。

(売上と固定費の間には比例関係はない)

 

この比例関係を使って次のような式にまとめることができる。

売上1000-売上1000×0.6-固定費300=利益100

     

売上1000×0.4-固定費300=利益100

 

売上を1200にしてみると次のようになり、たしかに利益は増える。

売上1200×0.4-固定費300=利益180

 

変動費率0.6を0.5に下げればさらに利益は増える。

売上1200×0.5-固定費300=利益300

 

----------------------------------------------------------------------

 

「売上をたった1%増やし、

 粗利率をたった1%上げて、

 労働分配率をたった1%改善するだけで、

 あなたの会社の利益は3000万円も増えるのです」

 

「たった1%、1%ですよ。

 1%程度であればほとんどの会社が改善の余地があるはずです」

 

このフレーズにその気になった人もいるはず。

 

ということで、今週は粗利率について深く掘り下げてみようと思う。

これはMQ会計にもそのまま当てはまる。

 

m率をたった1%上げるだけでGは100万円も増える?!

 

              ・

 

▼あなたはこの店の社長です。この先どうすればいいと思いますか?

 続きはこちらから

 5月末までの期間限定での公開です

  ⇒ https://www.mxpro.jp/vol-492-1/

 


▼2019年のテーマは、

 「思考力・応用力・創造(想像)力・・・そして行動!」

 MG研修は「わかる」から「できる」へのスキルアップ

 

▽東京MG2日間【特別講座・第2回】

 戦略MQ会計Part2+マトリックス会計

 東京・2019年06月28日(金)/ 29日(土)

  ⇒ https://www.mxpro.jp/tkymg02/

 


< 前の記事へ   次の記事へ >

 

このほかのブログ

知らないときの疑問と知ってからの疑問

損益分岐点売上高と利益感度分析

変動損益計算書についてのある質問

やってみなけりゃわからない!?

思考力と応用力

会計独特の構造の不思議

社長が決算書の必要性を感じたとき

この先、あらたな創造を生み出す

利益率をたった2%アップすると・・・

売上が増えた?!減った!

利益が出ているのにカネがない!

そもそも論・決算書の構造について考える

月次決算とMQ会計

「会計ソフトの役割」について考える

「カネ勘定」について考える

社長たちにとっての資金繰り

続)そもそも生産性とは何か?

続)生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

生産性があがらない

MQ会計の全体像マップ

何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

貸借対照表ってナンだ!?

税理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

税理士の責任、あなたはどう考えますか?

教師という職業・税理士という職業

社長と経理と月次決算

社長が信頼する税理士

社長のための会計事務所

月次決算と自計化と記帳代行

月次決算/税理士が原点に戻る日

「税理士は税務の専門家・法律家」という話

税理士たちのパラダイム

パラダイムとパラダイムシフト

社長のための会計とは!

バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

税理士事務所は町工場

結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

本質とテクニック

税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

企画力・提案力・創造力

月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

税務署仕様の決算書

「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

”未来会計図”という図表

会計事務所の売上アップ

テキトー税理士が会社を潰す

税理士の不安・危機感

税理士は選ばれる時代