060.資本金と内部留保

最近、ワイドショーやニュースを見ていて

「内部留保」という単語が頻繁に出てくることに気がついた。

番組の中でコメンテーターが発言している。

 

「新型コロナウィルスが蔓延し、

 さまざまな方面で経済に影響が出始めている。」

 

実際にPQの減少はGやキャッシュに多大な影響を与えることは

容易に想像がつく。PQ激減で倒産したというニュースも流れている。

さらにコメントが続く。


「リーマンショックのときよりも影響が大きい。

 国の手厚い政策を望みたいところ。」

 

「大企業のように、

 内部留保をたくさん持つ(内部留保がたくさんある)

 企業はいいかもしれないが、

 体力がない中小小規模企業は大変な事態に追い込まれている。」

 

             ・

 

では、「内部留保」とはいったい何のことなのか。

この単語を使っているコメンテーターや司会者は、

内部留保の意味をきちんと理解しているのだろうか。

 

「体力がある会社」とは、

具体的にどのような会社を指すのだろうか。

 

この状況が続く中で「どこまで持ちこたえられるのか」

という意味で使っているとしたら、

 

「いつまで持ちこたえられるのか」は、

「倒産を迎えるのは何カ月先なのか」ということと同じだ。

 

では、体力とは何のことなのだろうか?

 


 

その前に「資本金」について考えてみたい。

 

資本金とは決算書に載っている「資本金」のこと。

資本金という単語は、内部留保に比べて世間一般に浸透している。

 

ここに「資本金1億円の会社」があったとすると、

この1億円は何を意味するのか。

 

会社を設立した際に株主や出資者から集めたおカネの合計、

「元手(もとで)」。

パチンコや競馬をする際の「軍資金」と同じ意味だ。

 

会社が資本金をもとに利益を増やすという行為は、

パチンコや競馬と同じように

軍資金(元手)をいくら増やすかということ。

 

増えた差額のことを会計では「利益」と呼ぶ。

決算書の自己資本(純資産)の部には、これらの情報が載っている。

 

              ・

 

資本金1億円の会社があったとして、

「この1億円」は、会社設立時に集めた現金合計の「覚書、メモ」。

設立直後は、たしかに銀行口座には現金1億円が存在する。

しかし、次の瞬間から、支払いが始まった段階から、

現金1億円は減り始める。

 

ところが決算書に載っている資本金の1億円は、

増資や減資をしないかぎり永遠に1億円のまま。

利益を含む自己資本(純資産)はたんなる差額で実体はない。

けっして現金のことではないのだ。

 


 

ここから少しの間、利益の話。

「利益は実体がない」とはどういうことなのだろうか。

 

数の計算、100から60を引けば答えは40。

この40という数字は引き算の結果で

具体的な「もの」は存在しない。

 

では、たとえば「りんご」。

 

100個のりんごから60個を引いた

残り40個のりんごは具体的にイメージすることができる。

 

売上が100円で費用が60円だった場合の利益は40円だが、

この40はたんなる差額で「もの」は存在しない。

ところが多くの人は「利益=現金」だと思ってしまう。

 

なぜ「利益=現金」と思ってしまうのか、というと、

会計には「円」という単位がついているからだ。

数字に「単位」がついていると、

勝手に「円=現金」とイメージしてしまうのだ。

 

だから会計の知識がない人たち(たとえば社員など)は、

当期の利益が「1億円出た」となれば、

現金が1憶円増えたと考えるのは自然だと思う。

 


  

多くのコメンテータの発言を聞いていると、

「内部留保=現金」

という意味で使っている(ように私には伝わってくる)。

 

「内部留保」とは、

 

会社設立後これまでの利益(=差額)を累積したもの。

当然、内部留保も実体がない。(実体のない利益を累積しても実体はない)

 

決算書の「純資産の部」に載っている資本金をはじめ

利益準備金や別途積立金、繰越利益剰余金などは、

勘定科目として名前がついているだけで、その実体は「何もない」。

 

決算書や会計が苦手な社長でも

MGを3回やればこの感覚はつかめるはず。

内部留保とは「累積G」のことだとわかってくる。

 

決算書における累積G(=内部留保)は、

純資産合計から資本金の額を差し引いた「差額」のこと。

 

純資産合計が1億2千万円、資本金が1億円の会社の内部留保は、

2千万円(純資産合計1億2千万円-資本金1億円)。

 

純資産合計が8千万円、資本金が1億円の会社の内部留保は、

▲2千万円(純資産合計8千万円-資本金1億円)、

 

この差額が「▲1億円」を超えれば

その会社は自己資本割れ、債務超過の状態だ。

 

では「企業の体力とは何か?」

 

何をもって体力のある会社かどうかを判定するのか、

考えてみてほしい。

 


< 前の記事へ   次の記事へ >

 

このほかのブログ

059.日本でいちばん大きな会社の社長の話

058.会計「が」わかるのか?会計「も」わかるのか!

057.Qについて考える

056.100人中99人の会計人が間違った利益の計算

055.センスとスキルとMG

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代