064.MQ会計と数学(その3)・文字と記号

あるとき、MQ会計の講義中に質問がありました。 

「MQ会計はどうしてアルファベットを使うのですか?」
「変動費や固定費ではダメなんですか??」
質問したのは印刷会社の経理部長です。

             

変動費と固定費については前回書きましたので

今回は、

「MQ会計はどうしてアルファベットを使うのですか?」

について考えてみようと思います。 

 

前回のメルマガで「定義」を説明する際に使った「偶数のクイズ」、

 

○か×で答えてください。

1.2で割り切れる数を偶数という(答えは×)

2.-2は偶数である(答えは○)

3.0(ゼロ)は偶数である(答えは○)

 

という内容でした。

 

偶数の定義は

『 2で割り切れる整数 』です。

 

しかし、数学における定義は、

すべてがこのように文章で表現できるとはかぎりません。

 

たとえば、

[÷]記号の意味は?

と聞かれて、文章で説明することは、私にはできません。

 

・割り算のときに使う記号で、

・割り算とは割る数と割られる数があって、、

・割り算は公平に分けるために使うもので、、、

・同じ数ずつ分けられるところまで分ける計算で、、、、

 

「割る」は「÷」という記号で表す!

 

と開き直るしかありません。

 

そのために小学校低学年から基本的な記号を教え、

体にしみこませる、のでしょうか。

 

ちなみに、数学における偶数の定義は

 

[2n](nは整数を表す文字)

 

文章を使わずに式で定義することができます。

 

 

 

前回のメルマガで紹介したように、

「変動費は売上高に比例する」

このような「文章による変動費の定義」はあいまいで、

解釈する人によって求める損益分岐点売上高が異なってしまいます。 

この定義はけっして科学的とは言えません。

 

MQ会計では原価に相当する定義は[VQ]です。

VQというのは符号ではなく「定義」なのです。

偶数の[2n]と同じです。

 

管理会計では

「売上高-変動費=限界利益」

ですが、

MQ会計では

「PQ-VQ=MQ」ではありません。

 

なぜなのか!

 

これまで会計を専門的に学んできた人たちの多くが

最初に突き当たる【壁】です。

 

もし、

 

「PQ-VQ=MQ」の感覚のままMQ会計を実践しても

肝心なMQアップの発想にはつながりません。

MQ会計の核心部分からは遠ざかるばかり。

 

「GアップにはPアップ、Vダウン、Qアップ、Fダウン」

 

のような平凡な発想しか浮かびません。

この発想は管理会計における

 

「利益を増やすには売上を上げ、変動費を下げ、固定費を削減する」

 

という発想と同じなのです。

ここを乗り越える一つの方法が2日間のMG研修です。

 

1~2回参加した程度では、なかなかわかりません。

MQ会計を本気で伝えようとする税理士やコンサルタントの方たちには

少なくとも続けて10回はやってほしい。

 

理論や手法だけでは何ともならない

会計の知識や経験だけでは太刀打ちできない

理屈通りにはいかない(逆転の発想も必要)

基本、考え方がいかに重要か

会計の知識が逆に(MQを理解するうえで)障害になる

 

MQ会計は社長のために、現場のために存在する

 分析やコンサルのツールではない(分析してはいけない)

一回でわかった気になる、じつはこれが怖い!

他人に良いからと勧められてもその人が良いと思っているだけ

やってみないとわからない、

気づきと発見の連続!(第一発見者の重要性)

だからMGは「教えない教育」、これが人を育てる!

 

思考力、応用力を身につけることの大切さ

いかに素直になれるか

いかに人の話をきちんと聞けるか

「MGをやったことがある」ではMQを語る資格はない!!

 (20年前の私がそうでした)

 

私がMG研修をとおして感じてきたことです。

MQ会計とMGは切り離せません。

 

 

 

数学は「抽象的」です。

「抽象的」だから他の事象に当てはめることができ、

応用が可能です。

 

MQ会計も同じように「抽象的」です。

数学のように記号と式を使って、

さまざまな業種の事象に応用することができます。

 

これがMQ会計が記号(アルファベット)を使う理由ですが、

私が「これだ!」と思うメリットは、

「誰でもわかる」です。

「誰でも」というのは社長や幹部社員だけでなく

「パートさんも含めて全員」です。

 

             ・

 

 ちょっと想像してみてください。

 

 社員に「経営状況を数字で理解してほしい」と思った社長は

 経理部長に昨年の業績を「数字を使って説明」してもらうことにしました。

 決算申告も無事に終わり、今期に向けての経理部長の発表です。

 

 ◎日ごろからの社員みなさんの努力に感謝します。

  みなさんの頑張りの結果、昨年(今回終了した決算)は、

  一昨年と比べて売上も順調に伸び前年対比120%でした。

  その結果、経常利益で前年対比150%を達成することができました。

 

 ◎利益が増えた大きな要因は、

  売上の増加に加えて粗利率が3%上がったことです。

  製造現場と営業の努力もあって全体の原価率が3%下がった、

  つまり粗利率が3%上がったことも利益の大幅な増加につながっています。

 

 ◎ところが今期はご承知のように

  新型コロナ感染症の影響で売上も下がっています。

  2カ月が経過した時点で前年同月対比で60%にまで落ち込んでいます。

  何とかこの危機を全員で乗り越えなければなりません。

  どうかみなさんにご協力をお願いするとともに、

  一層の頑張りを期待します。

 

 と言って資料やグラフを配って解説をはじめたとします。

 

 さて読者のみなさんは、この「よくある光景」を想像しながら、

 どう感じるでしょうか。

 

 私だったら、、、

 

 

 (次回へつづく)

 

 


< 前の記事へ   次の記事へ >

 

このほかのブログ

063.MQ会計と数学(その2)・定義

062.MQ会計と数学(その1)・抽象化

061.売上が4%減って赤字が10倍?

060.資本金と内部留保

059.日本でいちばん大きな会社の社長の話

058.会計「が」わかるのか?会計「も」わかるのか!

057.Qについて考える

056.100人中99人の会計人が間違った利益の計算

055.センスとスキルとMG

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代