055.センスとスキルとMG

先週、東京で開催したMG研修2日目の講義の中から

一部を紹介します。

               ・

では講義をはじめます。

次の○○に何が入るのか、ちょっとだけ考えてみて。

 

  コスト○○

  原価○○

  経営○○

  ○○会計

  財務○○

  販売○○

  人事○○

 

 しばらくして、

 XXさん、いかがですか?

 


 

 「管理だと思います!」

 

 ○○には「管理」という漢字2文字が入る。

 

管理と聞くと「鉄道」を思い浮かべる

 

ホームに入るときに自動改札機で管理され、

出るときに管理される。

東海道新幹線(JR東海)の車内では車掌が「切符拝見」にくる。

 

検札作業を行う車掌たちは、

「何のために検札作業が必要なのか」

真剣に考えている人はどのくらいいるのだろうか。

 

東北新幹線、山形や秋田新幹線(JR東日本)では車内検札は来ない。

「検札は必要ない」という結論に至ったわけだ。

 

JR東日本の車掌に聞いてみたことがある。

 

改札を通ったときに記録された列車と座席番号が車掌の端末に送られてくる。

「空いている指定席に間違って座っている人にだけ声をかけている」

という話をしてくれた。

 

利用者からすれば、いちいち切符を鞄から出さずに済むし、

何よりも乗客を信頼しているということだ。

 

              ・

 

「ヨーロッパのほとんどの国では

 駅のホームに改札口がないのを知っていますか?」

 

ある企業の社長さんから聞いたことがある。

 

たしかにそうだ。

駅のホームからすぐ道路に出られる。改札はない。

これはどういうことを意味するのだろうか。

 

日本の鉄道は、徹底的に不正乗車を排除しようとする。

それはJRの前身が国だからかもしれないが、

多くの管理手法は、MQを増やすことには結びつかない。

 

「経営管理」は内部に焦点を当てる、という私のイメージだが、

MQは会社の外に焦点を当てている。

利益は会社の中には1円も存在しない。

 

もしかしたらヨーロッパの国々は、

改札の設備にかかる費用や駅員の人件費の合計よりも

不正乗車によるMQ減少の方がはるかに少ないのだろう。

 

改札を取り払う、つまり管理に掛ける費用を減らせば

MQやGは増えるのかもしれない。

 

              ・

 

「管理することが経営だと思っている社長たちが少なくない」

 

ある雑誌に載っていたが、

「経営」と「管理」は根本的に異なるし仕事の内容も違う。

 

管理部という部署であれば管理は「担当者」の仕事だ。

仕事だからスキルを身につければどうにかなる。

 

ところが、

 

経営となるとスキルだけではどうにもならない。

 

経営学の講座や研修に参加しようと、

経営学を専門に学ぼうと、どんなに学歴が高かろうと

経営はスキルだけではどうにもならない。

 

そこで経営の「センス」が必要になってくる。

 

スキルを身につけるには、研修やセミナーに参加したり

あるいは独学でも可能だが、

経営センスを磨くための教科書や参考書は存在しない。

 

センスは、専門分野や特定分野において、

知識やスキルを超えたところに存在するはず。

 

              ・ 

 

経営センスを磨くには、実際にやってみるのが一番だ。

しかし、経営は誰にでもできることではない。

 

MGは、経営の疑似体験をすることで

経営センスを磨くためのツールとなりうる。

(もちろん、本人の意識次第だが)

 

もうひとつは【読書=考える時間】

私にとって読書は考える時間そのものだ。

 

「センスは自分で磨く」

 

ということを自身で自覚し、意識することだと思う。

 

              ・

 

◎今回MGに参加した方々の感想から

 

・MQ会計については本を読んでわかったつもりになっていましたが、

 実際、ゲームを通してMQを考えてみると、想像していたものと

 大きく違った。(製造業社長)

 

・これまで、社長との経営の会話を思い出すと恥ずかしい。(税理士)

 

・財務諸表からは読み取れない多くの意思決定が、

 社長にとっていかに重要か、理解できた。(コンサルタント)

 

・すぐにツールに飛びつくのではなく、

 とにかく自分の頭で考え抜かなくてはならない、

 ということが身に染みた。(税理士)

 

・MG研修に参加してみて自分に経営センスがないことを実感した。(税理士)

 

・「利益とは何か、社員にはなかなか伝わらず、わかっていない」

 なるほど、、、と思いました。

 利益とキャッシュが違うこともわかりやすく伝える必要がある。

 (サービス業社長)

 

               ・

 

社長も税理士もコンサルタントも 

 の先の思考展開をいったん整理するうえで「この体験」は役に立つはず。

 


このほかのブログ

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代