056.100人中99人の会計人が間違った利益の計算

社長たちにとって、

利益を生み出すための基本的な考え方や取り組み方は、

会計や決算書の仕組みを学ぶ以上に重要なことではないか。

管理会計はコスト、内部に重点を置いているのに対し、

MQは外部に目を向けている。利益は会社の外にしかない。 


管理会計というと範囲が広くなりすぎるので、

そのなかでも一般的なCVP(Cost/Volume/Profit)分析、

いわゆる「損益分岐点分析」に焦点を当てて考えてみたい。

 

損益計算書の費用を変動費と固定費に分けて行う損益分岐点分析は、

私が管理会計を学びはじめた40年前と変わっていない。

 

ネットで検索するとさまざまな記事が出てくるが、

内容はどれも似たようなものだ。

 

◎なぜ、変動費、固定費でこの先の経営を分析してしまうのか!

◎銀行マンや会計人たちは、

 これをオカシイ!と思わないのだろうか?

 

「社長のためのMQ思考」というサイトを立ち上げました。

 MQ会計を社内で実践していくうえで参考になる内容を

 順次アップしていきます。

 

 第1弾は「それでも変動費、固定費でこの先を考えますか?」

  1. 管理会計とMQ会計の違い

    (100人中99人の会計人が間違った利益の計算)

  2. 率で考えてもこの問題は解けない

    (経営を率で考えていませんか?)

  3. 未来を率で考えてはいけない

  4. 世の中に出回っているMQもどき

  5. 管理会計では解けない問題

  6. MQ会計ではどう考える?(MQの本質に迫る!)

 

   ⇒ https://www.shacho.jp/mq-1/

 


このほかのブログ

055.センスとスキルとMG

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代