058.会計「が」わかるのか?会計「も」わかるのか!

2月6日(水)に東京で「MQ会計」の半日セミナーを開催しました。

ホームページにもメルマガでも案内しない、非公開のセミナーです。

参加された方々は社長と社員の方たちだけ、

指導する側の方(税理士、コンサルタント)はいません。 

昨年までは「MQ会計・理論と応用編」や「実践編」が中心で

基本編はしばらくぶりの開催です。

 

なぜ「基本編」なのか!


理論と応用、実践編には毎回、

指導や解説する側(税理士、コンサルタント)の人たちが多いのですが、

参加する目的の多くは、

 

顧問先や関与先にわかりやすく説明するため

分析に使える

 

「基本編」を通り越して

いきなり高度なセミナーに参加します。

 

「決算書はたしかにわかりにくいし社長方に説明しても納得してもらえない」

 

そこで自分たちの顧客に、

どうわかりやすく説明するか、

分析してあげるか、

指導に使えるか、

 

という目的で参加します。

 

「自分たちは会計のプロだ、だから基本編は不要だ」

 

説明や解説のしかた、分析手法に重点を置くのです。

 

しかし、これではすぐに「挫折」します。

 

相手の社長に解説や分析すればするほど自身の首を絞める

毎回新しいネタ探しに走る

 

決算書の解説や分析と同じになってしまうからです。

 


 

2月7日(金)8日(土)に東京で開催したMG研修に

会計事務所の職員の方が参加してきました。

 

後で聞いたらなんと「自費参加」です。

 

講義の中である話をしました。

彼にはこの言葉が響いたようです。

彼の感想文からの抜粋です。

  

「MQ会計は分析しない、説明しない」「考えさせる」

 ということに感銘を受けました。

 次回はMQ会計の基礎編にも参加したいと思います。

 

多くの税理士やコンサルタントの人たちは、

顧客に対して「何かしてあげないといけない」と思い込んでいます。

もちろんそれは当然のことなのですが、

税理士、コンサルタント自身が相手にきちんと伝えるためには

自分のことばで話さなければなりません。

 

自分のことばで話すためには、

腹落ちするまで考え抜くことです。

 

とくに会計を専門的に扱っている人たちは

MQ会計の本質(基本)をきちんと理解しないまま、

先に進んでしまう傾向があります。

 

MQ会計はカンタン、だから本を読んでわかった気になるのです。

 

そして「手法やテクニック」を求めて高度なセミナーに参加するのです。

結果、指導する社長方を間違った方向に導くかもしれません。

 


 

2月7日(金)8日(土)の東京MG研修に、経理と総務の方が参加されました。

これまでと少し違う感じだったので紹介したいと思います。

 

(財務経理部)

ここまで面白いとは思いませんでした。経営者の思考(注力すべきところ)が

少しですが見えてきたように感じました。

◎販売戦略、◎値決め、◎研発・教育等への投資、など

自分には(経理には)無関係と思っていましたが、真の経営層(幹部)は、

経理だろうと何だろうと経営者目線で決定していかなければならないと

痛感しました。

いわゆる普通の経理担当者にとっては、目からうろこの話ばかりでした。

この先もぜひ学びたいと思っております。

 

 (総務人事部)

初日の教育についての話が最も印象に残っています。

「自主的に行動させるには!」

人事をやっているので「教えない教育」を実践していきたいです。

図書室の説明(会計恒等式)が、すうっと入ってきました。

会計用語はホントウにわかりづらく面倒くさい、

あらためて考えさせられました。

また都合をつけて参加したいと思います。

 

(経理部長)

とても楽しかったです。

柔軟な発想が絶対に必要である(経理の人間はとくに!!)

当社の次期社長になるかもしれない常務(息子)をぜひともMG研修に

誘いたいと思いました。

 


3人目の経理部長さんは、

なんと、10年間このメルマガを読まれていた方でした。

 

「宇野さんは想像通りの人でした」

 だそうです。

             ・

 

今年は私自身、基本に戻ろうと思っています。

 非公開の「MQ会計基礎編」ですが、

定期的に続けていく必要性を強く感じました。

 

次回の「東京・MQ会計セミナー」は、

2020年04月08日(水)13:30~16:50

 


< 前の記事へ   次の記事へ >

 

このほかのブログ

057.Qについて考える

056.100人中99人の会計人が間違った利益の計算

055.センスとスキルとMG

054.「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと

053.他人ごと

052.キャシュフロー計算書について考える

051.原価率って何?正しく説明できますか?(決算書は究極のドンブリ勘定)

050.まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識

049.率で未来を考えると実現しそうな気がしてくる!?

048.知らないときの疑問と知ってからの疑問

047.損益分岐点売上高と利益感度分析

046.変動損益計算書についてのある質問

045.やってみなけりゃわからない!?

044.思考力と応用力

043.会計独特の構造の不思議

042.社長が決算書の必要性を感じたとき

041.この先、あらたな創造を生み出す

040.利益率をたった2%アップすると・・・

039.売上が増えた?!減った!

038.利益が出ているのにカネがない!

037.そもそも論・決算書の構造について考える

036.月次決算とMQ会計

035.「会計ソフトの役割」について考える

034.「カネ勘定」について考える

033.社長たちにとっての資金繰り

032.続)そもそも生産性とは何か?

031.生産性があがらない!そもそも生産性とは何か?

030.産性があがらない

029.MQ会計の全体像マップ

028.何ごともやってみないとわからない・大科学実験!

027.貸借対照表ってナンだ!?

026.理士は、なぜ専門用語を使いたがる!?

025.税理士の責任、あなたはどう考えますか?

024.教師という職業・税理士という職業

023.社長と経理と月次決算

022.社長が信頼する税理士

021.社長のための会計事務所

020.月次決算と自計化と記帳代行

019.次決算/税理士が原点に戻る日

018.「税理士は税務の専門家・法律家」という話

017.税理士たちのパラダイム

016.パラダイムとパラダイムシフト

015.社長のための会計とは!

014.バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!

013.税理士事務所は町工場

012.結末)経常利益率10%!はたしてどうなの?

011.本質とテクニック

010.税理士と社長の会話が噛み合わないのはなぜか?

009.企画力・提案力・創造力

008.月次報告会がつらかった・ある会計事務所職員の悩み

007.税務署仕様の決算書

006.「決算書くらい読めないと」と言う立場、言われる立場

004.会計事務所の売上アップ

003.テキトー税理士が会社を潰す

002.税理士の不安・危機感

001.税理士は選ばれる時代